JOCDN

プレスリリース

2017年6月5日
JOCDN株式会社

JOCDN、動画配信プラットフォーム事業者3社との接続試験を完了

-- 動画配信プラットフォームのVideo Cloud、ULIZA、LogicaCMSとの接続動作検証を実施 --

JOCDN株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:篠崎 俊一、以下 JOCDN)は、国内で多くの導入実績を持つ動画配信プラットフォーム事業者であるブライトコーブ株式会社(所在地:東京都港区)、スキルアップ・ビデオテクノロジーズ株式会社(本社:東京都渋谷区)、および株式会社ロジックロジック(本社:東京都渋谷区)の3社と、JOCDNが提供するCDN(Content Delivery Network)サービスの接続試験が完了したことをお知らせいたします。

JOCDNでは、このたびの接続試験により、国内の放送事業者に広く利用されている各社の動画配信プラットフォームにおいて、JOCDNのCDNサービスを組み合わせて問題なく利用できることを検証いたしました。これにより、各社の動画配信プラットフォームをご利用のお客さまは、現在お使いのプラットフォームをそのままご利用いただきながら、高品質で安定した動画配信を低コストで実現するJOCDNのCDNサービスへの移行や導入が容易に行えるようになります。

■接続検証済み動画配信プラットフォーム事業者一覧 

ブライトコーブ株式会社(Video Cloud)
スキルアップ・ビデオテクノロジーズ株式会社(ULIZA)
株式会社ロジックロジック(LogicaCMS)

■配信イメージ




なお、JOCDNでは、2017年6月7日(水)~9日(金)に幕張メッセで開催される「Interop Tokyo 2017」と同時開催の「Connected Media Tokyo 2017」へ出展し、CDNサービスをご紹介します。

イベント名:Connected Media Tokyo 2017 (同時開催 Interop Tokyo 2017)
開催期間: 2017年6月7日(水)~9日(金)
会場:   幕張メッセ(国際展示場/国際会議場)
ブース番号: 6W07(Broadcaster’s Innovation)
イベント詳細  http://www.f2ff.jp/cmt/

JOCDNでは、今後も高品質な動画配信の実現を目指して、技術開発、サービス拡充を推進してまいります。

■JOCDNについて

JOCDN株式会社は2016年12月に設立され、インターネットイニシアティブ(IIJ)と民放15社の出資により、国内の放送局や動画配信サービス事業者向けに高品質で安定した動画配信を実現するCDN(Contents Delivery Network)サービスを提供しています。
JOCDNに関する詳細は、http://www.jocdn.co.jp/ をご覧ください。

■報道関係お問い合わせ先